小さいころに比べると、みえの具合が悪くなる頻度は減ったと思う。

身体も心も成長して、みえも強くなったんだと思う。
私も、みえとの生活に慣れていろんなケアもできるようになって余裕もできたんだと思う。

 

いつも思う。
みえの具合が悪くなるかどうかは、私にかかっている。
何をどうしたらみえの具合が悪くなるかも知っている。
知ったうえで、いかに元気ですごせるか!に努めている。

みえと10年一緒にいて、何が一番大事かって・・・。
きっと、「規則正しい生活」なんだと思う。
決めた時間に決めたことをやる。いかなる時も「いつも通り」

そうやって過ごしていても、やっぱり具合が悪くなることもある。
小さいころに比べて頻度は減ったけど、一度具合が悪くなるとドーーーーーンっとくる。

ドーーーンっときた時は、だいたい痰が上がらなくてきつい思いをする。
気管切開してるんで、痰を取りやすいのは取りやすいんだけど・・・
取れるところまで上がってこない。
胸の中に、へばりついてる感じがする。

体位変換してみたり、胸や背中をトントンしてみたり・・・。
熱あるときに、きついだろうなぁーっと思うがやむ負えない。

 

少し前に、主治医である前田先生から在宅で使える人工呼吸器の話を聞いた。
「人工呼吸器かぁー」なんだか、おおごとなイメージが強すぎる。
そして、ちょっと抵抗がある。

 

最近、「いいのがある!」と持ってきてくれたものがある。
人工呼吸器と名がついてるけど「陽陰圧体外式人工呼吸器」

「体外式」ってところが、受け入れ可能な感じw

大きさは、大したことはない。
ただ、移動させやすいようにワゴン同伴できた。

↑装着するとこんな感じ。
ちゃんと、みえの体のサイズに合わせたものをチョイス。

スイッチ入れると、結構な大きさの音がする。
「なにごとか?!」っと思うくらい。

排痰補助モードを選択して、①振動 ②咳 をコレがやってくれる。

①振動
これまた結構な音量を発しながら、ブルブルブルブルやる。
みえは意外と楽しそう。3分やる。

②咳
改めてマニュアルみたら「咳」って書いてあったけど・・・てっきり、大きな深呼吸かと思っていた。
「大丈夫?? あばら折れたりしない??」って思うくらい、胸とおなかが上下する。
これも、どうやらみえは大丈夫らしぃ。折れることもないらしぃ。1分やる。

↑これを、3セットくらいかな。

 

今は、体調がいいのでイマイチ効果はわからないんだけど・・・。
コレをやった直後より、しばらくしてからのほうが痰があがる感じがする。

本当に具合が悪くて、痰が上がらないときは重宝しそうです。